野菜つくり

野菜つくり

野菜つくりのコツは?

よい株の育て方 株を上手に育てるには、生育に合わせて間引きを繰り返し、作物に合わせた保温、支柱立て、土寄せなどが大切です。 間引き 苗が育ち、葉が重なり合うようになると、日当たりや風通しが悪くなります。
野菜つくり

野菜つくりのポイントは?

野菜つくりのポイントは? 野菜の種類は多いですが、作業のポイントなどは似通っている点が多くあります。 通常の野菜つくりのポイントをまとめます。 畑の準備 ほとんどの野菜は酸性に弱いので、栽培の2週間前には、苦土石灰を散布してよく耕し、酸性の土壌を中和しておきます。
野菜つくり

アスパラガス栽培は簡単にできる?

アスパラ栽培 家庭菜園に最適なものは、メリーワシントン、カリフォルニア500です。 一度植えれば3年目から約10年間は、収穫できます。 種の準備 種は約30度Cのぬるま湯に一昼夜浸し、十分に吸水させます。
スポンサーリンク
野菜つくり

ミョウガは日本の気候に合っている?

ミョウガの栽培 日本の気候に合った野菜です。 半日陰で湿った土を好むので、庭木の下などでも育ちます。 一度植えておくと、何年でも収穫できます。 畑の準備
野菜つくり

寒さが苦手なショウガの栽培

ショウガの栽培 暑いほどよく育ちます。 寒さが苦手で15度C以下ではよく育ちません。 育てやすい品種は、小ショウガの「金時」や「三州」、「谷中」などです。 畑の準備
野菜つくり

菜っ葉の成長が早い!

菜っ葉も一気に大きくなった 最近暖かくなったせいか、菜っ葉も急に丈が大きくなってきました。 間引きしながら収穫し、食卓に出しています。 一袋ごと、種を狭い畑に全部まいたので、密集して大きくなり、間引きをしても追いつきません。 小さいものは根を抜いて捨てています。
野菜つくり

小さめのイチゴがたくさん育った

小さなイチゴばかり 去年の秋に、イチゴの植え替えしていませんでした。 そのせいかイチゴ畑は、古株が畑のあちこちに散らばって、ワラを敷くスペースもないくらいになっています。 もともと湿り気がある土地なのか、苔が緑色に生えてきているので、ワラの代わりをしてくれるようでもあります。
野菜つくり

場所いらずのシイタケ栽培は、たのしい!

シイタケ栽培 シイタケ栽培をするには畑も必要ないので、簡単にできそうです。 庭先でも軒下でも、太陽の日差しを避けることができ、雨の当たるところならどこでも育てることができます。
野菜つくり

サトイモの作り方はやさしい?

サトイモのやさしい栽培 生育適温は25~30度Cです。 サトイモは高温多湿を好みます。 育てやすい品種は、親イモは利用できませんが子イモがたくさんつく「石川早生」です。 種イモの選び方
野菜つくり

カブの栽培はやさしいって本当?

カブの栽培 土質を選ばず、寒さにも強いカブは、マイナス3度まで耐えることができます。 品種は多く、子カブ系の「金町コカブ」が栽培しやすい品種です。 畑の準備 畑の準備は2週間前からはじめます。
スポンサーリンク