定年退職後は、夫とのドライブも日課になる

スポンサーリンク

ドライブも日課

夫が病気をした後でもあり、車の運転はもっぱら私がしています。

夫の日常生活に刺激を与えるためと、健康のために毎日のドライブは欠かせません。

下の写真は、そのドライブコースです。

朝、ものすごく気温が下がって寒かったせいか、日中は青空が広がり気温も上がっているようで、比較的暖かいです。

紅葉が太陽に照らされてとてもきれいだったので写真に収めました。

紅葉狩りに遠くまで出かけなくても、近くで見られるのでありがたいです。

 

歌を歌う

ドライブ中は、歌を3曲歌います。

石原裕次郎の「二人の世界」と吉幾三の「津軽平野」と橋幸夫の「故郷の花はいつでも紅い」です。

いつも同じ曲なのですが、夫は結構ノリノリで歌います。

いつも同じ曲なのは、私たちがほかの曲の歌詞を覚えていないからです。

夫が歌っている横で、わたしが「ヒューヒュー」と応援すると、ニコニコで絶好調の様子で歌います。

ドライブコースは町中ではなく、山とか田舎が多いので、緑が多く、のどかで平和で空気もよいので、気分がよくなります。

それに、歌は精神的にも身体的にも健康に良さそうです。

コメント