退職し時間を自由に使える幸せ

スポンサーリンク

仕事をしていると自由な時間がない

仕事をしていた時には、絶えず時間に追われていました。

休みの日には、普段、仕事にためにできない用事をまとめてしなければなりません。

本当は子供と関わりたいと思っていても、忙しさのために投げやりな態度になることさえあるのです。

いつも時間に追われると、仕事のことで頭がいっぱいになるので、他のことを考えることもなくなってしまいます。

そして、そのうちに、何も考えないで行動もしないで、ただボーっとしていたいと思うようになるのです。

一日中ボーっとしていたいと思うのは、肉体だけでなく精神的に疲れているからだと思います。

そんな日が私にも、数えきれないくらいありました。

退職後の自由な時間がありがたい

退職した今は、好きな時に好きなことをできるようになりました。

精神的なゆとりができ、気持ちが穏やかになった気がします。

「幸せだなあ」と実感できるようになりました。

時間に追われるという感覚はありません。

ただ月日の流れが速いので、1日1日を大切にすごさねければ時間がもったいない、という思いがあります。

仕事をしている人には持つことができない時間を、私は持っているのです。

せっかく自由に使える時間を持っているのだから、後悔しないように時間を使います。

今後の人生、自分の生きる目的

自分の生きる目的を見つけて、そのことを現実にするために、毎日を使う必要があります。

そうすることで、自分が死ぬ時に後悔することを、避けることができるはずです。

体を動かし、人に使われる労働者ではないけれども、毎日充実して生活しようと思います。

退職しても、年金をもらっているので、普通に生活できることに感謝です。

そして何より健康に感謝です。

体が健康でなければ、時間があっても無意味ですから。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました