マカダミアナッツの効能とカロリーは?【食べすぎによる副作用はある?】

スポンサーリンク

マカダミアナッツはチョコレートで食べるとおいしくて、何個でも食べてしまいます。

しかし、あまり食べすぎると、副作用のようなものがないかと気になりますね。

それで今回はマカダミアナッツの成分や栄養、効果や副作用などについて調べてみることにしました。

マカダミアナッツは、1日どれくらいの量を食べてもよいのか、この記事を読むことでその疑問も解決します。

1  マカダミアナッツの効能とカロリーは?【食べすぎによる副作用はある?】

マカダミアナッツの摂取の仕方にはいろいろあります。

マカダミアナッツ自体の効能については以下になります。

効能は、アマニ油によく似ています。

マカダミアナッツの効能は?

マカダミアナッツの体への影響は、冷え性改善、血管強化、心疾患リスク低下、コレステロール値の改善、排便コントロールなどです。

マカダミアナッツの成分は、体に良い影響を与えるものばかりです。

マカダミアナッツは70%が資質でできていますから、摂取量に気を付けて、取りすぎなければとても健康に良い食品です。

一粒でも栄養価は高いので、間食代わりに少量づつ継続して摂取するのが理想的です。

マカダミアナッツは1粒は14キロカロリーですから、適量は1日5~6粒です。

マカダミアナッツの栄養成分とカロリーは?

マカダミアナッツの成分には、オレイン酸、パルミトレイン酸、タンパク質、脂質、糖質、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンE、カリウム、マグネシウム、鉄、食物繊維などがあります。

これらの成分が、上記に挙げたように、体に良い効果をもたらしてくれています。

マカダミアナッツの成分は?(オイルは?)

オイルは、オレイン酸とパントテン酸が含まれています。

オレイン酸は、不飽和脂肪酸の一種で血行を促進し血液をサラサラにします。

パントテン酸は動脈硬化や高血圧予防をしてくれます。

パントテン酸は、酸化しにくく保存しやすいので、美容マッサージオイルに適しています。

肌への浸透性は高く透明さが目立ちます。

マカダミアナッツの成分は?(糖質は?)

オイルのほかにはタンパクや脂質糖質を含みます。

これらは、筋肉や皮膚、つめや髪の毛を作り、脳や体のエネルギーになります。

スポンサーリンク

マカダミアナッツの成分は?(ビタミン類は?)

マカダミアナッツにはビタミン類も含まれています。

ビタミンB2とビタミンB6は、にきびやアレルギー性皮膚炎に効果的です。

ビタミンEは抗酸化物質なので、老化予防や生活習慣病の予防に効果的です。

マカダミアナッツの成分は?(ミネラルは?)

マカダミアナッツには、生きていくためにはなくてはならないミネラルも含まれています。

カリウムは、高血圧や腎臓病の予防になります。

マグネシウムは、骨の形成や血液循環を促します。

鉄は貧血予防になり、食物繊維は便通を改善してくれます。

マグネシウムが不足すると、頭痛や便秘になったり、骨粗鬆などの生活病や、うつ病など精神疾患の危険性が出てきます。

マカダミアナッツの成分は?(カロリーは?)

マカダミアナッツは1粒14キロカロリーです。

15粒で30グラム、100グラムで718キロカロリーです。

1日5~6粒の摂取をつづけることが健康のためには理想です。

 

2  マカダミアナッツの副作用は? 食べすぎると?

マカダミアナッツを食べすぎると?

マカダミアナッツは資質が70%ですから、食べ過ぎるとニキビや鼻血が出そうな先入観を持ちます。

ニキビの原因といわれることもありますが、マカダミアナッツとニキビや鼻血に関する因果関係の研究では、そのような医学的根拠はありません。

マカダミアナッツは1粒14キロカロリーと高カロリーですから、食べ過ぎには注意が必要です。

美容や健康を考えると、多くても1日許容摂取量15個、30グラムを数回に分けて食べるのが良いようです。

マカダミアナッツは、食物繊維の働きで、本来は便通をよくします。

しかし食べ過ぎると、消化不良をおこし便秘や下痢を起こす可能性はあります。

スポンサーリンク

マカダミアナッツの副作用は?

マカダミアナッツのオイルは、オレイン酸で体に良い働きばかりをしてくれます。

コレステロール値を下げたり、血糖値を下げたり、よいことばかりです。

食べ過ぎさえ気を付ければ、副作用は見当たりません。

マカダミアナッツとヘーゼルナッツの違いは?

ハワイの土産にマカダミアナッツがあるので、原産地はハワイかと勘違いされますが、マカダミアナッツの原産はオーストラリアです。

ヘーゼルナッツの産地はトルコです。

ヘーゼルナッツはマカダミアナッツと成分が似ています。

オレイン酸やミネラル、ビタミンなどの成分で栄養価は高いです。

ヘーゼルナッツのカロリーは100グラム当たり684キロカロリーです。

一粒当たり10キロカロリーですから、マカダミアナッツよりもやや低カロリーです。

 

3  マカダミアナッツの加工品は?

マカダミアナッツの加工品としては以下があります。

チョコ、素焼きナッツ、アイスクリーム、パンケーキ、マカダミアミルクなどです。

マッサージオイルとしても知られています。

マカダミアナッツの加工品は?

マカダミアナッツ( チョコ  )

マカダミアナッツは、チョコレートでも知られています。

マカダミアナッツチョコ1箱の栄養成分は以下です。

エネルギー391キロカロリー、たんぱく質4,5g、脂質28,1g、炭水化物30,2g、食塩相当量0,08gとあります。

間食には、少量で疲れがとれてエネルギーを補給できてよいです。

チョコレートはポリフェノールですから老化予防にはよいですが、糖分が多く高カロリーです。

1日に摂取する分としては、2分の1箱が適していますね。

 

4   まとめ

マカダミアナッツは1日に5~6粒を毎日継続して食べるのがベストのようです。

マカダミアナッツのオイルはオレイン酸で、体に良い影響ばかりを及ぼす不飽和脂肪酸です。

食べ過ぎすると、カロリーが高いために肥満の原因になる可能性はあります。

しかし、マカダミアナッツを摂取することで副作用などはないです。

老化予防やアンチエイジング効果の高い、美容にも良いマカダミアナッツです。

マカダミアナッツチョコになると、カロリーがますます高くなりますから、特に食べすぎに注意ですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました