小さなカボチャの実がついてる!人工授粉成功。うどん粉病になる。

スポンサーリンク

小さなカボチャの実がついてる!人工授粉成功。うどん粉病になる。

かぼちゃの実がついた

花が散ってしまっても、前のようにカボチャの実まで駄目になることはなく、カボチャの実がしっかりついています。

人工授粉をしたせいで、実が枯れてしまうことは避けられたようです。

毎朝、カボチャの花が開いているか確認しています。

雄花と雌花を確認し、受粉を行っています。

しかしなかなか環境が整いずらいです。

人工授粉をする

雨が降っているときは、花粉が雨に流されてしまいそうなので人工授粉を行いません。

この間は、花が3つ開いていてラッキーと思ったのですが、すべて雄花でがっかりしました。

それでも何とか成功したようです。

黄色く枯れてしまわないで、なんとか立派なカボチャの実に成長してほしいものです。

 

 

人工授粉をした後は、花弁をしぼめるようにして、花粉が雨に流されないように保護しておきました。

しばらくしたら、花びらが自分自身でしぼんでいきました。

花弁はしぼんでいき小さくなって、枯れて地面に落下します。

そして、カボチャの実はどんどん大きくなっていく予定です。

 

カボチャの花は、一株にたくさん咲くそうなので、なるべく人工授粉をまめにしてたくさんカボチャを作ろうと思います。

初めて作るカボチャを親戚にも分けてあげたいと思います。

 

 

2か月経過

たくさん人工授粉をしたつもりでいたけれど、黄色くなって、ほとんどがだめになってしまいました。

どうも最初の弦を切って、次のつるを2つ伸ばさなくてはいけなかったようです。

私は、最初の親つるを切らずに伸ばしていったので、そのからしかカボチャができなかったのです。

一つのつるに2個できるそうなので、親つるを切って次のつるを2本伸ばしていくと、合計4本のカボチャができることになります。

1株に4個ですから、うまくすると2株だと8個できることになります。

かぼちゃの実は5個

かぼちゃの苗を植えてから2か月がたちました。

立派なカボチャが4個と小さなカボチャが1個できました。

かぼちゃの苗を2株植えたのに、できたのが5個ですから少し少ない気もします。

しかし最初ですから、これで良しとしましょう。

腐らずにあと1か月頑張って生育しますように。

うどん粉病になる

かぼちゃの葉に、白い粉が大量にふいてきました。

明らかにうどん粉病の症状です。

気温が高く乾燥した環境下で発生するそうです。

梅雨時期だったので、これほどひどく繁殖するとは思っていませんでした。

初期の対応が大事だと聞いていましたから、最初にうどん粉病を発見した時には、白くなっている葉をを除去していました。

葉がなくなってしまうので、薬剤をまくことにしました。

バラ用として購入しておいたうどん粉病の殺菌役を散布しました。

初期でなければ効果を発揮しないのかもしれません。

なかなか白い粉が消えません。

ネットで検索しうどん粉病に効果のある薬剤を発見したので、「カリグリーン」を購入しました。

購入してからよくよく調べてみると、うどん粉病の発生を抑えることに対しては効果あるけれども、すでに発生したものに対しては、それほど効果を発揮しないそうです。

残念ですが購入したカリグリーンは、来年予防的に使用することにします。

とりあえず収穫

うどん粉病が広がってきました。

早めに収穫しなければカボチャの果実もダメになるかもしれないと思います。

根元がコルク上に茶色くなってきた時が収穫時期だといいます。

一つだけ収穫してもよさそうなカボチャがあったので、収穫してみることにしました。

一番最初に実を付けたカボチャです。

結構に重くて見かけはとても良いです。

ほかの4個はもう少し、このまま様子を見ます。

収穫してもまだおいしくなっていなさそうに、根元の部分が緑色をしています。

今頃、カボチャができている

8月6日なのに、今頃カボチャができている。

他のカボチャはすべて収穫してしまいました。

そろそろカボチャの株を片付ける時期だと思っていました。

今からだと収穫は9月中頃になりそうです。

 

8月7日また果実が

またまた発見しました。

葉の陰に隠れる感じで、白いカボチャがありました。

時季外れだと思うのですが、またカボチャの果実ができていました。

ちゃんと大きくなるのでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました