アルギニンの効果ある食べ物とは?体に与える影響は?

スポンサーリンク

アルギニンという言葉はよく聞きますが、もっぱら男性に必要な栄養素という印象を持ちます。

女性にもたらす効果はないのでしょうか。

アルギニンが不足すると私たちの体はどうなるのでしょうか?

その食べ物を知ることで不足なく補いたいものです。

この記事を読むことで、アルギニンの食べ物や効果などを知ることができます。

1 アルギニンの効果ある食べ物とは?

 

 アルギニンて何?

アルギニンはアミノ酸の一種です。

子供はアルギニンを必要量作り出すことができないので、食事から摂取する必要があります。

加齢とともに体内でのアルギニンの生産が減少するために、不足分を経口的に補うことが必要です。

アルギニンが多く含まれる食材には、鶏肉、大豆、エビ、マグロなどがあります。

アルギニンの効果とは?

・成長ホルモンの分泌を促す:脳下垂体から分泌される成長ホルモンの合成を促します。

・男性の活力をアップする:精力や勃起機能の改善に効果の高いアミノ酸です。

・筋肉や骨格の成長促進する:成長ホルモンの合成を促すため。

・疲労回復などを促進する:疲労回復のためアンモニアを尿として排泄するのを助けるため。

・免疫力向上する:外から侵入してくる細菌やウイルスに対する抵抗力を高める働きや、がん細胞を攻撃する働きもあります。

・身長を伸ばす:成長ホルモンの合成を促し、成長期の子供の筋肉や骨の成長を助けます。

・美白サポート:アンチエイジング効果、血管を拡張し血流を改善するため、冷え性やむくみ改善、バストアップなど女性にうれしい効果も多いです。

・ダイエット効果:アルギニンは成長ホルモンの分泌を促進します。新陳代謝を促進する効果もあり、筋肉を強化しダイエット効果も期待できます。

アルギニンの体に与える影響は?

筋肉疲労は運動により、体内の酸性とアルカリ性のバランスが崩れることで起こります。

臓器疲労は、エネルギーが不足し臓器の働きが低下し、全身に疲れが生じます。

脳疲労は、代謝により発生するアンモニアが原因です。

アンモニアは尿として排泄されます。

しかし大量に発生して尿として排泄しきれなくなると、血中に取り込まれ、全身に回り脳の中枢神経を刺激します。

脳内にアンモニアが増えると、中枢神経はアンモニアの発生を抑えるために抹消神経の活動を抑えようとします。

その結果、体がだるくなったり集中力がなくなったりします。

アミノ酸のなかの、バリン、ロイシン、イソロイシン、アルギニンはエネルギーを出して疲労の回復を早めます。

アミノ酸のうち、バリン、ロイシン、アルギニン、グルタミンはアンモニアを尿に変えて体外に出す作用があるので、疲労回復効果があります。

アミノ酸効果とは?

アルギニンの摂取目安量は?

アルギニンは必須アミノ酸でないので必要摂取量は決められていません。

アルギニンサプリを利用するときは、子供は3g/日、成人は8g/日が理想と言われています。

アルギニンの食べ物とは?

アルギニンはたんぱく質を作るアミノ酸です。ですから基本手にはたんぱく質を豊富に含む食材や食品に多く含まれています。

肉、魚、大豆製品に特に含まれています。

スイカや卵白、牛乳やピーナッツ、ゴマなどにも含まれています。

以下はそれぞれ100グラム中のアルギニン量です。

鶏むね肉:2500ミリグラム

豚もも肉:2000ミリグラム

カニ:1600ミリグラム

あじ:1200ミリグラム

納豆:1000ミリグラム

高野豆腐:4100ミリグラム

スイカ:5100ミリグラム

卵白:5000ミリグラム

ゴマ:3000ミリグラム

ピーナッツ:3200ミリグラムなどです。

 

2  アルギニン副作用とは?

 アルギニンの副作用は?

天然アミノ酸のため、食事で摂取する場合は体への悪い影響はほとんどないです。

サプリメントやドリンクで摂取するときには、過剰摂取に注意が必要です。

過剰摂取により、下痢や胃腸障害、頭痛などが起きる可能性があります。

ぜんそくやアレルギーの子供は、過剰摂取により、症状悪化させる可能性もあります。

アルギニンが不足すると、成長を阻害されるだけでなく、動脈硬化などの生活習慣病になる危険性があります。

 

3  アルギニンサプリとは?


アルギニンは単体ではアルカリ性が強いですから、それだけを摂取すると胃によくないです。

クエン酸などと一緒に摂取すると、中和されて胃にも優しいので摂取しやすいです。

アルギニンサプリを選ぶときには、中和されたものを選ぶとよいですね。

おすすめアルギニンサプリとは?

(ドクターズチョイス)Lアルギニン5000プラスは、クエン酸で中和されているので、毎日飲んでも胃にやさしいので安心です。

アルギニンには男性に向いているという印象がありますが、女性にとってもアンチエイジング効果など期待されるところが大きいです。(上記参照)

食材にはアルギニンを含むものも多いですが、毎日の摂取が困難という方もいるでしょう。

そのような場合には、体内で作ることができないアルギニンをサプリで補うこともお勧めします。

(ドクターズチョイス)Lアルギニン5000プラスが気になる方はこちらです→アルギニン

4  まとめ

アルギニンのたくさんの効果と働きがありました。

男性にも女性にも必要なたんぱく質成分です。

アルギニンを過剰摂取すると副作用もありますから、必要量の摂取が大切です。

食材で摂取するときには、アルギニン含有量を見ると、過剰になることはないでしょう。

不足分の補助として摂取するときには、容量を守り摂取することで、副作用などの問題は避けることができます。

アルギニンの不足によるアルギニンの不足による生活習慣病動脈硬化などの生活習慣病になりますから、そちらを心配するほうが先決ですね。

アミノ酸効果とは?

 

コメント

  1. […] アミノ酸の一種アルギニンの記事はこちらです→アルギニン […]

タイトルとURLをコピーしました