アーモンドダイエットは1日何粒食べると効果ある?

スポンサーリンク

1 アーモンドダイエットは1日何粒食べると効果ある?

ダイエット効果のアーモンド!

アーモンドはビタミンEのナッツ類ですから、健康や美容に良いということはわかります。

老化防止や若返り効果は理解できますが、ダイエット効果もあるのです。

アーモンドにダイエット効果ある理由は?

慶応大学の実験ではアーモンドを1日25粒食べて、体重を3,4kg減量させたという報告もあります。

代謝を促進する働きがあるので、ダイエットには効果が期待できます。

脂質は多量に含んでいますが、不飽和脂肪酸なので、ダイエットには効果的です。

 アーモンドの成分は何?

アーモンドに含まれる脂質は、オレイン酸とリノール酸の不飽和脂肪酸です。

良質なたんぱく質は豊富に含んでいますが、糖質の含有量は少ないです。

ビタミンB2も含まれていて、脂質の代謝を促進してくれます。

ビタミンB群には、皮膚や粘膜を保護する働きもあります。

アーモンドにはビタミンEも豊富に含まれています。

ビタミンEの働きは老化防止です。

ビタミンEの含有量ですが、アーモンド100ℊに対し31,2gです。

(※オリーブオイルは100gあたり7,4mgです)

アンチエイジングのオリーブオイルよりもビタミンEを多く含んでいます。

アーモンドはまたポリフェノールも豊富に含んでいるので、老化防止にはうってつけです。

食後の血糖値の上昇を抑える働きをしている。

糖尿病の患者さんにも合いそうです。

  1日食べる量の制限はあるの?

食べ過ぎるとカロリーの取りすぎになりますから、アメリカのアーモンド協会推奨粒の25粒を守って摂取しましょう。

 アーモンドの効能とは?

①ダイエット。

②疲労回復。

③皮膚や粘膜を保護し、健康な肌を作る。

④生活習慣病の予防(血栓予防、動脈硬化予防、高血圧、悪玉コレステロールの減少)

⑤細胞の活性化を除去する抗酸化作用があるので、細胞の若返りを図ることができます。

 アーモンドを食べるタイミングは?

食べるときはいつでもよさそうです。

朝昼夜と料理やおやつに食べると20粒ほどにはなるでしょう。

アーモンドミルクはコレステロールがないので、海外では牛乳などとともに人気です。

粉末にしたり細かく刻むと消化吸収にも良いのでスライスしてサラダなどもおすすめです。

2   まとめ

栄養価も高く、効能が多いアーモンドです。

アンチエイジングになるのはうれしいですね。

コレステロールもゼロということなので、中高年の女性も安心して摂取できます。

小腹がすいた時にも少量で満腹感を味わえるので、ダイエットには向いていますね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました