アンチエイジング食べ物のランキングとは?【アンチエイジング生活とは?】

スポンサーリンク

食べ物を食べて年を取らなくできるなら、ぜひその食べ物を食べたいですね。

そんなアンチエイジングの食べ物について調べました。

この記事を読むことで、若返りの食べ物、年を取らない食べ物を知ることができます。

若さを維持しつづけるために、それらの食べ物を食生活の中に取り入れていきましょう。

  1. 1  アンチエイジング食べ物ランキングとは?
    1. アンチエイジングとは?
    2. アンチエイジング食べ物は?
      1. アンチエイジング食べ物とは?
      2. アンチエイジング飲み物とは?
    3. アンチエイジング最強食品ランキングは?
  2. 2  アンチエイジングサプリとは?
    1. アンチエイジングサプリとは?
  3. 3 アンチエイジングに効果的な生活とは?
    1. アンチエイジングに効果的な生活とは?
      1. 深い層に届くUVA、浅い層にダメージを与えるUVB
    2.  日焼け止めは塗り直しが必要?
      1. SPFの高さに安心してはいけない
      2. ほとんどの人は規定量の半分も塗っていない
    3.  うっかり日焼けに注意!
      1. 紫外線は一年中降り注いでいる
    4.  日傘や帽子だけで安心できない!
      1. 場所によって紫外線の強さが変わる
    5.  UVカット加工素材はUPFをチエック
      1. 白より黒のほうが紫外線をカットする
    6.  紫外線を浴びてしまったらビタミンC 
      1. ビタミンCは肌に塗っても浸透しない
      2. 化粧品は成分をチェックしてから買おう
  4. 4  UVケアの効果【肌老化の80%防止!】
    1.  正しくしっかりしたUVケアで得られるものは?
    2.  自分の老化は、自分で決める!
    3.  UVケアの目的
    4.  日焼け止めの使い方が大切
    5.  どんな日焼け止めを購入すればいいの?
    6.  紫外線吸収剤が入っていないものを選ぶ
    7.  将来の自分を楽しみに
  5. 5  アンチエイジングに効果的な習慣とは?
    1.  アンチエイジングに効果的な習慣とは?
      1. 美肌と睡眠の関係
      2. 成長ホルモンは深い睡眠中に分泌される
    2.  夜遅くに食事をするのはアンチエイジングにもNG
      1. 不規則な食生活は肥満につながる
      2. 本来の活動時間に食べれば肥満にならない
    3.  腸内環境を整えて便秘解消!
      1. 善玉菌を増やす食生活
      2. 腸の中の悪玉菌を減らし善玉菌を増やすには
      3. 善玉菌を増やす食べ物
      4. 食物繊維サプリもいい
    4.  腸が汚いと肌もきたなくなる理由
      1. 便秘が続くと肌荒れがする
  6. 6  まとめ

1  アンチエイジング食べ物ランキングとは?

アンチエイジングとは?

体を老化させるのは、体が酸化していくマラです。

体を老化から守る抗酸化物質は、本来は人間の体の中に備わっています。

しかし、加齢とともに抗酸化物質は減少していきます。

抗酸化物質は体の中で作ることができないので、体を老化から守るためには、口から抗酸化物質である食べ物で摂取していく必要があります。

アンチエイジング食べ物は?

アンチエイジングの食べ物とは、抗酸化物質の食べ物ということになります。

抗酸化物質の栄養素は次のものです。

ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノール、ミネラル、カロテノイドなどです。

アンチエイジング食べ物とは?

特にアンチエイジングといわれる栄養素と食べ物は以下です。

ビタミンC

レモン:ビタミンC豊富です。高血圧や肥満、骨粗しょう症の改善、美容効果、風邪の予防にも役立ちます。

ビタミンE

アーモンド:ビタミンEはカボチャの5倍あります。食物繊維はキャベツの5倍あります。血液サラサラのオレイン酸も豊富です。

ピーナッツ:肌や細胞を作ります。ミネラル類も豊富にあり肌や髪に栄養をいきわたらせる働きがあります。ピーナッツの皮にはポリフェノールあり皮ごと食べるとよいです。

カシューナッツ:亜鉛や鉄のミネラル豊富。オレイン酸も豊富、ナッツの中では糖質が高いです。

マカダミアナッツ:脳卒中や肌荒れに効果のあるバルミトレイン酸が、ナッツ類では唯一含まれます。

くるみ:オメガ3脂肪酸が豊富。動脈硬化やコレステロールに効果あり、生活習慣病に効果あります。

ごま:ゴマの脂質はリノール酸やオレイン酸などの不飽和脂肪酸でできています。免疫力を高め、血液をサラサラにしてコレステロール値を下げます。

たまご:肌の張りを作るコラーゲンの材料になるアミノ酸を含んでいます。

ポリフェノール

りんご:食物繊維やビタミンC、カリウムを多く含みます。むくみ改善や老化防止効果が期待されます。

バナナ:バナナはカルシウムを多く含んでいます。高血圧にも効果あり、抗酸化力も高いです。

ごぼう:植物繊維やアルギニンが豊富。新陳代謝や肌にも良いです。

鮭:肌の張りを作るコラーゲンの材料になるアミノ酸を含んでいます。

チョコレート:カカオポリフェノールは血液をサラサラにして動脈硬化を予防します。(食べすぎに注意)

ブルーベリー:アントシアニンが含まれています。視力低下を防いだり活性酸素を抑制する効果があります。がんや骨粗しょう症の予防の働きがあります。

ミネラル

ニンニク:免疫力を高める、生活習慣病の予防になる、がん予防になる、などの働きがあります。

納豆:女性ホルモンに似た作用を持つイソフラボンがあります。発酵食品なので免疫力を高めます。

ドライフルーツ:果物を干すとビタミンCは低下しますが、ミネラルや食物繊維などは豊富になり栄養価も高くなります。

カロテノイド

トマト:免疫力を高める、生活習慣病の予防になる、がん予防になる、などの働きがあります。

その他

肉:肌の張りを作るコラーゲンの材料になるアミノ酸を含んでいます。

玄米:ビタミン、ミネラル、植物繊維を豊富に含んでいます。

そば:そばのルチンは血液をサラサラにし動脈硬化や高血圧、糖尿病などの生活習慣病に効果的です。ナイアシン(ビタミンBの一つ)も豊富で皮膚の健康を保ちます。

アンチエイジング飲み物とは?

飲み物にもアンチエイジングのといわれるものがあります。

ミネラルウオーターでは、アルカリ性(抗酸化力あり)で硬水(カルシウムが多い)がおすすめです。

ポリフェノール

緑茶:カテキン、食物繊維、ビタミンC、ビタミンE、βカロテンを含みます。抗酸化成分が多く含まれています。

ルイボステイー:フラボノイド(ポリフェノールの一種)が有効成分。活性酸素から体を守ってくれます。血圧を下げる作用や整腸作用やダイエット効果もあります。

ワイン:レスぺラトロールという長寿遺伝子を活性化する物質が含まれています。

ビタミンE

豆乳:ビタミンEのほかに大豆たんぱく質、レシチン、サポニ、イソフラボン、オリゴなどが含まれます。血管の健康や、記憶力や集中力に良い影響を与えるなどの効果あります。

アンチエイジング最強食品ランキングは?

女性セブンは「自然治癒」「血管力」「疲労回復力」「胃腸力」「内臓脂肪」「肌力」「更年期障害」「アンチエイジング」などから最強食品ベスト10を選びました。

以下はその最強食品を参照にしたものです。

最強食品1位から10位とは以下です。

1位:納豆

2位:ヨーグルト

3位:いわし

4位:豚肉

5位:にんにく

6位:キャベツ

7位:トマト

8位:さば

9位:たまご

10位:鶏肉

これらは、最強食品ランキングですから好んで生活の中に取り入れていきましょう。

2  アンチエイジングサプリとは?

アンチエイジングの効果を発揮する食べ物にはいろいろありました。

これらの食べ物を摂取できない時でも、大丈夫です。

アンチエイジングに必要な栄養素のサプリメントを摂取すると、食べるのと同じ栄養素を体の中に取り入れることができます。

筆者は育毛サプリを、アンチエイジングサプリとして摂取しています。

摂取している育毛サプリの成分は以下です。

アンチエイジングサプリとは?

筆者は育毛サプリを、アンチエイジングサプリとして摂取しています。

アンチエイジングサプリとして摂取している育毛サプリの栄養素は以下です。

ビタミンB1:細胞の代謝や活動のためのエネルギー生産に必要な栄養素です。

パントテン酸カルシウム:ビタミンB群の一種で、皮膚などの細胞成長や代謝に不可欠な成分です。

ケラチン:フサフサを育む元となる、分け目・テッペンなどには絶対必要なタンパク質です。

Lシスチン:ケラチン同様、フサフサを育む元となるアミノ酸です。

乾燥酵母:乾燥酵母にはさまざまな種類のアミノ酸とビタミンが含まれており、多くの種類のリン・カリウム・銅などのミネラルが含まれていて、栄養素が豊富です。

葉酸:細胞分裂に不可欠なビタミンの一種です。

大豆イソフラボン:女性ホルモン(エストロゲン)と似た働きをします。更年期障害など女性の老化には特に有効です。

亜鉛:細胞の新陳代謝にかかわる200種類以上もの酵素を構成する重要な成分です。

何の成分を主にしているかによって、サプリメントの効果は、それぞれ異なります。

自分にとって必要な成分を、アンチエイジングサプリとして摂取することで、身体の老化を予防するとともに、自分に特に不足している成分を補うことができます。

※筆者の場合のアンチエイジングとなるサプリは、ヘアバースサプリメントです。

3 アンチエイジングに効果的な生活とは?

アンチエイジングに効果的な生活とは?

もっとも老化を早める原因になるのが紫外線です。

紫外線には2種類あります。

深い層に届くUVA、浅い層にダメージを与えるUVB

UVAをどれくらいカットできるかを表したのがSPA:

皮膚に対する有害作用が強くシミや皮膚がんの原因になります。

活性酸素を増やし老化を進行させるのです。

UVBをどれくらいカットできるかを表したのがPA+:

皮膚の奥まで入ってコラーゲンを破壊し、しわの原因になります。

活性酸素を増やし老化を進行させます。

UVAとUVBを同時に浴びることで、有害性をパワーアップさせてしまいます。

 日焼け止めは塗り直しが必要?

SPFの高さに安心してはいけない

SPFの数字が大きいのは、日焼け止めを防ぐ時間が長いという意味です。

夏場は汗で日焼け止めが流れてしまうこともありますから、20か30のSPFを選んで2,3時間ごとに塗りなおしてもよいですね。

PA+は+が多いほど防御作用が強くなります。

紫外線を多く浴びるときには4+くらいにして日常生活では2+にするなど調整すると良いです。

ほとんどの人は規定量の半分も塗っていない

古くなった日焼け止めは成分が酸化していて肌によくありません。

もったいないけれども、去年の残りは捨ててしまいましょう。

ある調査では、ほとんどの人が規定量の2分の1から5分の1くらいしかぬっていないという結果が出ています。

紫外線カットの必要量が比較的多く、べたついたりするために必要量塗らない人が多いようです。

ぬる量が減ると、効果も減少しますから注意が必要です。

 うっかり日焼けに注意!

紫外線は一年中降り注いでいる

紫外線の強い昼間であれば、1日に3分以上紫外線を浴びると肌がダメージを受け老化します。

紫外線はコラーゲンを破壊し、さび付かせ、しわの原因になります。

少しの間でも、日焼け止めは塗ったほうが良いですね。

UVAは季節による変動が少なく、冬でも真夏の半分の量が降り注いでいます。

冬だからといって安心はできません。

 日傘や帽子だけで安心できない!

場所によって紫外線の強さが変わる

紫外線は上から降り注ぐだけでなく、地表面からも反射してきて肌を攻撃します。

紫外線を浴びれば浴びるほど、活性酸素が増え肌は老化していきます。

 UVカット加工素材はUPFをチエック

白より黒のほうが紫外線をカットする

UVケアに適した服は、生地が薄すぎないもの、生地の目が細かいもの、表は白くても裏は色の濃いもの、UPF表示のあるもの(15以上のもの)です。

これらを選びましょう。

 紫外線を浴びてしまったらビタミンC 

ビタミンCは肌に塗っても浸透しない

ビタミンCは肌に塗っても浸透しないですが、ビタミンC誘導体はアンチエイジングや美白に効果があります。

しかし、ビタミンC誘導体は熱に弱いため、市販の化粧品にはほとんど入っていません。

ビタミンCが豊富に入った食物(果物野菜ジュースなど)を摂取するようにしましょう

化粧品は成分をチェックしてから買おう

ビタミンC誘導体の中で、アスコルビン酸グルコシドだけは熱に強く市販の化粧品に含まれていることがあります。

しかしアスコルビン酸グルコシドは人間の皮膚の中ではビタミンCに変化しないのです。

高浸透ビタミンC 誘導体を含んでいる化粧品が有利です。

高浸透ビタミンC誘導体の美容液の記事はこちらです→美容液

4  UVケアの効果【肌老化の80%防止!】

 正しくしっかりしたUVケアで得られるものは?

老化の80%が紫外線が原因だったのです。

あとの20%は加齢による自然な老化です。

20%は誰にでも平等に訪れますから防ぎようがありません。

しかし、残りの80%はあなたの行い次第で防ぐことができるのです。

これってすごくないですか?

自分の意思で、若さを保てるかどうかを選ぶことができるということです。

つまり、自分の老化具合を自分で決めることができるんです。

 自分の老化は、自分で決める!

私たちはUVケアさえ間違えずに行っていたら、老化のない肌を長く保てるということなのです。

これは、もっと早くから知っておきたかった知識です。

しかし、今からでも遅くはありません。

正しいケアを行うことで、今後10年、20年と歳を重ねるごとに若くなっていくということです。

今行うケアが、数十年後の自分の肌に、結果として現れるのです。

今後のあなたの肌の明暗が、今のケアで決まってしまうのです!

絶対正しいUVケアを行わなければ一生後悔するでしょう。

悔やんでも取り返しがつきません。

 UVケアの目的

わたしは、日焼けをすると顔が赤くなったり、のちにシミになると思い、日焼けを避けるようにしていたのです。

はっきりいうと、UVケアはシミ予防と思っていたのです。

しかし違っていたのですね。

UVケアの目的はシミ予防ではなく、しわやたるみなどのエイジングケアだったのです。

紫外線の本当の怖さは、紫外線B波による日焼けやシミではなく、皮膚の奥まで届くA波によるしわやたるみだったのです。

光による老化が、全体の80%になるなんてUVケアの責任は大きいですよ。

 日焼け止めの使い方が大切

いままでは、日焼け止めの塗り方や選び方など、よく考えないで適当にしていた気がします。

SPF値とPA値、よくわからないけれども、数字が高いほうが効果も高いと思っていたのです。

しかしそれも違っていたようです。

SPF値とPA値は、肌に1㎠あたり、2mgの日焼け止めを塗ったときに紫外線を防ぐ力を表したものです。

顔全体に塗るときには500円玉大の量が必要になります。

意外と多い量で重ね塗りをしなければ顔全体にのばせません。

忙しい生活の中では手間がかかりすぎます。

 どんな日焼け止めを購入すればいいの?

お薦めなのは、粘度が高いもっちりタイプの日焼け止めです。

のっちりタイプは肌にしっかりとのります。

さらさらタイプの日焼け止めより、重ね塗りの回数が減るのです。

スポンサーリンク

 紫外線吸収剤が入っていないものを選ぶ

紫外線吸収剤の入っている日焼け止めは、塗布時に肌が白くならないのですが、紫外線を吸収して熱に変える働きがあります。

この時に熱が肌を刺激し、炎症からシミになる恐れがあるのです。

紫外線散乱剤は紫外線を吸収せずに跳ね返す働きがあります。

肌への負担は吸収剤よりも少ないです。

最近では紫外線吸収剤をカプセルで包んだものがあります。

これは熱を肌へ伝えず、また仕上がり重視する面でもおすすめです。

カプセル化されている吸収剤か否かを購入時に確認するとよいです。

 将来の自分を楽しみに

10年後、20年後の自分の肌を楽しみにきちんとケアしましょう。

きちんとUVケアをしていない人よりも8割は若く見えるということですから、やりがいありますね。

すぐには効果が出ないけれども、未来の自分の肌が正しいUVケアだったと証明してくれます。

5  アンチエイジングに効果的な習慣とは?

肌は寝ている間に作られます。

 アンチエイジングに効果的な習慣とは?

美肌と睡眠の関係

高級なスキンケアを使用しているのにいつも肌がボロボロという人もいれば、何もしていないのに肌がきれいだという人もいます。

なぜこのようなことが起こるのでしょうか?

よく聞いてみると睡眠時間に関係していることがあります。

寝不足だとどうして肌がきれいにならないのでしょうか?

それは、夜寝ている間に分泌されるホルモン(成長ホルモン)が分泌されていないからです。

成長ホルモンは深い睡眠中に分泌される

成長ホルモンは皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)を促します。

成長ホルモンは深い眠りについている夜中に分泌されます。肌の再生は夜寝ている間に活発に行われます。

徹夜をしたり睡眠不足の時には、肌の再生は行われず、老化した角質がいつまでも肌にくっついたままになります。

化粧品を高級なものに変えてもコラーゲンをとっても、睡眠不足であれば効果は半減してしまうのです。

寝不足になると成長ホルモンが分泌されず全身の代謝も悪くなるので、基礎代謝が下がってカロリーが消費しにくくなったりします。

また食欲を抑えるホルモンの分泌が減って過食になってしまいます。

ダイエットのためにも美肌のためにも夜12時前には必ず寝るようにするとよいですね。

 夜遅くに食事をするのはアンチエイジングにもNG

不規則な食生活は肥満につながる

不規則な生活をしていると、病気のリスクが高まり寿命も短くなるという報告があります。

夜勤の仕事をする人たちは乳がんや大腸がん、糖尿病、高血圧、うつ病などの疾患になりやすく寿命も短いということが研究結果により裏付けられたのです。

しかしなぜ就寝時間が遅くなれば肥満につながるのでしょうか?

本来の活動時間に食べれば肥満にならない

食べるタイミングと肥満が大きく関係していることがわかってきました。

活動時間帯である昼間にだけ食事をすると太らないのです。

同じ量を食べるのに、夜間に食事をするなど時間帯が遅いと太ってしまうということです。

 腸内環境を整えて便秘解消!

善玉菌を増やす食生活

腸の中には善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類があります。

悪玉菌が多いと活性酸素も多くなり肌荒れの原因になります。

また悪玉菌が多いと高血圧になったり、コレステロールが高くなったり、大腸がんや糖尿病になりやすいです。

さらに花粉症やアトピー性皮膚炎や肥満の原因にもなります。

腸の中の悪玉菌を減らし善玉菌を増やすには

ビフイズス菌や乳酸菌などの善玉菌を口から腸に送り込む方法があります。

そのためには乳酸菌を含む乳製品やみそ汁などを摂取するとよいです。

また善玉菌のえさを増やす方法があります。善玉菌は食物繊維をエサにして増殖します。

食物繊維が足りないと善玉菌が減り悪玉菌が増えてしまいます。

善玉菌を増やす食べ物

ヨーグルト、みそ汁、みそ漬け、塩こうじ、緑黄色野菜、根菜類

ねばねば食品、きのこ類、豆類、海藻類、果物などです。

食物繊維サプリもいい

食物繊維のサプリを利用してもよいでしょう。

食物繊維がミドリムシに入っているパラミロンという成分が最近注目されています。

ミドリムシは植物の藻の一種で、体重やコレステロールを下げ便秘やダイエットに効果があるのでお勧めです。

 腸が汚いと肌もきたなくなる理由

便秘が続くと肌荒れがする

便秘の人は便が長時間町内にた待っているので、食べ物に含まれている有害物質がどんどん腸から吸収されてしまいます。

腸内にたまった毒素が全身を巡って肌荒れもしやすくなります。

肌をきれいにするためには便秘を治すことが第一です。

便秘薬を使用する前に食物繊維を摂取しているかチェックしてみましょう。

食物繊維は食べても消化されずに弁として排泄されます。

その際、コレステロールや糖など余分なものも一緒に排泄させてくれます。

食べたものに含まれる有害物質や発がん性物質を吸着し活性酸素も減らしてくれるので肌もきれいになるのです。

人気のエイジングケアサプリはこちらです→【母の滴 臍帯100】

6  まとめ

アンチエイジングに効果的な生活とは、紫外線を予防し睡眠と腸内環境を整えることでした。

睡眠は成長ホルモンを分泌させるので、若さを維持するのには欠かせないものです。

腸内環境を整えて便秘をなくすことは、肌をきれいに保つ必須条件でもあるようです。

腸内環境を整えるためには、善玉菌を増やす食事や、食物繊維サプリ、ミドリムシなどもよいです。

 

参考資料:ほうれい線は消せる

コメント

タイトルとURLをコピーしました