プラセンタ注射の効果と副作用とは?【効果が出るまでの期間は?】

スポンサーリンク

プラセンタ注射は、人の胎盤を利用した治療法です。

細胞を活性化させえる働きがあるというので、アンチエイジング効果をすごく期待してしまいます。

この記事では、どのようなアンチエイジング効果があるかについて書いてあります。

プラセンタ注射の魅力について知りたい方は必見です。

1  プラセンタ注射の効果と副作用とは?

プラセンタ注射で使用する胎盤は、正常分娩の胎盤を使用しています。

高圧蒸気滅菌で、無菌試験や動物試験を行い安全を確保したものを使用しています。

安心安全が保障されていると、信頼できるので、ますます試してみたくなります。

プラセンタ注射とは?

プラセンタ注射は、慢性肝炎疾患治療や更年期障害の治療のため保険適応が認められています。

しかし、美容目的でのプラセンタ注射治療は保険対象外です。

プラセンタと他の薬剤を混合したカクテル注射というのがありますが、未認可投与法です。

薬剤の相互作用による危険を招く可能性もあり得ますから、プラセンタ注射治療を選択する際は、十分な考慮が必要です。

プラセンタ注射の種類

厚生労働省で医薬品として認可されているプラセンタ注射は、ラエンネックとメルスモンの2種類です。

プラセンタの安全性と成分

プラセンタ注射の静脈投与は、副作用の可能性や、体外排泄が早いので効果も期待しずらいなどという理由から、禁止されています。

プラセンタの成分には、成長因子(内因性蛋白質)があります。

成長因子は細胞の新陳代謝を促し、細胞の増進を促します。少量で十分効果が期待できます。

ほかには、アミノ酸やビタミン、酵素などがあり、これらは体内の細胞を作る原料になります。

プラセンタ注射の頻度

プラセンタ注射液治療は、初期治療と維持療法で成り立っています。

初期治療法では、1週間に1回の注射を行います。

維持療法では、1~2週間に1回の注射を行います。

注射には皮下注射と筋肉注射があります。

皮下注射:薬液量が少ないので、痛みや金銭面では楽です。

筋肉注射:筋肉層は血管に近いので薬の吸収速度が速いので、即効性が期待できます。

プラセンタ注射の効果とは?

プラセンタは、細胞をもとへ戻す働きがあるので、体のいたるところで効果を発揮します。

下に挙げる効果は、その一部です。

①プラセンタ注射効果( 美容効果 )

老化防止、美肌効果、シミ、くすみ、しわ、保湿、にきび、乾燥肌の改善などです。

②プラセンタ注射効果( 肝疾患 )

肝細胞を修復、肝臓組織の脂肪減少などがあります。

③プラセンタ注射効果( アンチエイジング )

組織細胞の呼吸・代謝を高め細胞の活性を促します。

④プラセンタ注射効果( 効果が期待できる疾患 )

更年期障害、乳汁分泌不全、月経不順、不妊症、不眠、自律神経失調症

⑤プラセンタ注射効果( その他 )

血行促進、免疫力向上、アレルギー改善

プラセンタ効果とは?【スキンケアおすすめ】

プラセンタ注射の副作用とは?

プラセンタの皮下注射や筋肉注射では、副作用はほとんどありません。

もし悪寒・悪心・発熱・発赤・発疹があるときには、すぐに中止してください。

注射部位の痛みや発赤がある場合は、半日ほどでなくなるので心配いりません。

プラセンタ注射はアミノ酸製剤なので、アレルギー反応が出る可能性があります。

その場合は中止します。

プラセンタ注射男性は?

プラセンタ注射は男性にも効果があります。

特に髪の毛に効果がみられ、発毛のパワーアップにつながります。

 

2  プラセンタ注射のデメリット

プラセンタ注射の効果がたくさんありますが、デメリットはほとんどないです。

プラセンタ注射では、体質を変えていくので、継続することが大切です。

プラセンタ注射治療が、経済的に可能であるかどうかを、考慮してから始めるのが良いですね。

プラセンタ注射と献血

人の胎盤エキスなので、理論的リスクを否定できないので、献血はできません。

注射薬治療のみ献血できません。

他のプラセンタサプリやプラセンタ美容液では、献血は関係なくできます。

プラセンタ注射と値段

プラセンタ注射治療を行う医療機関によって治療の値段は異なります。

皮下注射や筋肉注射の場合、初診時3000円、2回目以降は1000円というところもあります。

また、1回の注射が3000円ほどという医療機関もあります。

プラセンタ注射の持続は、1回の注射で2~3日持続します。

症状が安定すれば、1か月に1~2回など、減らすこともできます。

 

3  プラセンタ注射の効果が出るまでの期間は?

本文

プラセンタ注射の効果が出るまで

プラセンタのサプリよりも、プラセンタ注射のほうが、効果が出るのは早いです。

1か月くらいで効果がでますが、症状によって、早い人ではすぐに出る場合もあります。

プラセンタ注射やめたら?

プラセンタを中止すると、ゆっくり体は元へ戻ります。

個人差はありますが、2か月ほどかかって、ゆっくり元の体に戻っていくという感じです。

 

4  まとめ

プラセンタ注射療法は、副作用はほとんどなく安心で安全な治療法でした。

プラセンタは、何らかの効果を私たちの体にもたらしてくれます。

もともとプラセンタは、赤ちゃんが母親の胎内にいるときに栄養をもらっていたものです。

細胞を作るのに効果がないわけないですよね。

細胞をもとに戻す働きをするのは当然でした。

 

 

参考資料:「医師たちが選んだプラセンタ療法」

コメント

タイトルとURLをコピーしました