退職後の生活資金と生活設計【男性・女性の過ごし方は?】

スポンサーリンク

 

すでに退職後であるけれど、生活資金とか、今後生活に必要な経費などについては、計画的に考えていません。

本当に大雑把に生活しています。

今回は、平均的に必要な老後の経費や、生活について調べてみます。

この記事を読むことで、退職後の生活資金や経費などについて、まだ退職していない方の、または私のようにすでに退職した方の、今後の参考になれば幸いです。

1  退職後の生活資金は?

退職後は、給料をもらわないので、年金だけの生活になる人が少なくないでしょう。

自分の生活費はもちろん理解しているけれども、ほかの人はどのように生活しているのでしょうか?

気になることもありますね。

今回は、多くの人が気になることを、いろいろ調べてみました。

退職後の生活資金は?

退職後の生活資金は、退職する年齢によって異なってきます。

退職した年齢が60歳であれば、まだ年金がないですから、貯金をおろして生活するという形になります。

その場合は60歳から、年金のおりる65歳までの5年間の生活費を貯金しておく必要があります。

5年分の生活費に相当する退職金をもらっている場合は、退職金を当てにできますから貯金がそれほどなくても生活の心配はいりませんね。

退職後の収入源は?

退職後の収入源は、退職したのですから、ない人がほとんどでしょう。

退職後に、年金がもらえる人は収入源は年金になります。

65歳未満で年金をまだもらえない人が、収入源を必要とする場合には、再就職するという選択もできます。

株式投資をしている人は、配当金という形の収入源がありますね。

仮に銀行に貯金が1億あっても、利息はほとんどないですから収入源にはならないでしょう。

スポンサーリンク

退職後の生活費シュミレーション

総務省の「家計調査」があります。

60歳以上の無職世帯の1か月の平均支出についてです。

以下に挙げます。

食費・・・・・・・・68,193円

住居費・・・・・・・14,346円

水道光熱費・・・・・20,427円

家具家事用品・・・・9,290円

被服類・・・・・・・6,737円

保険医療費・・・・・14,646円

交通通信費・・・・・26,505円

教育娯楽費・・・・・25,712円

小遣い・・・・・・・6,225円

交際費・・・・・・・25,243円

その他支出・・・・・22,280円

合計・・・・・・・・239,604円

平均は1か月24万ほどの生活費になります。

しかし、この額は平均です。

住んでいる地域によっても、生活スタイルによっても、個人個人によって必要経費は大きく異なる可能性があります。

この金額をあくまでも平均とみて、個人個人自分の生活スタイルに沿った生活費があるはずです。

普通に考えると、田舎に住めば、これほどの額にはならないのです。

退職後の夫婦の生活費は?

都会に住まず、贅沢さえしなければ、年金で生活できます。

私は2か月で28万円ですが、何とか生活できています。

しかし、ほとんどの人は贅沢したいと考えるでしょう。

長年働いてきてやっと、時間に自由ができたのです。

自分へのご褒美をあげてもいいのではないかと考えて、退職金を使います。

それも一つの考え方ですから、間違いとは言えません。

考え方は、夫婦や個人によって当然異なります。

しかし、年金がおりる65歳前に退職した場合は、年金がもらえるまでの5年間の生活費として、退職金をとっておくべきです。

老後資金はいくら?持ち家の場合

持ち家の場合は、老後の生活費で住居費に当たる割合少なくなります。

家賃がいらないのですから当然、生活費は楽になります。

しかし持ち家の場合は、リフォーム費用や修理費用がかかります。

突然の持ち家の修理のための出費費用として、老後資金をためておく必要はあります。

マンションとか借家の場合は、家の修理のために資金を貯めておく必要はないです。

スポンサーリンク

老後資金のため方は?

つみたてNISAとかイデコ(確定拠出年金)で老後資金をためるのが良いです。

今ならはっきりと言えます。

少しづつでも積み立てていくべきです。

私は、すでに老後になってしまって、手遅れですが、そうして貯めておきたかったですね。

若い時には、子育てとか借金とか、家のローンや車のローンなど、お金のかかることばかりで、老後資金など考えることができませんでした。

「もう少しゆとりができてから貯金をしよう」そう言っているうちに、すぐに退職年齢になりました。

人生は短いですから、気づいた時からすぐに積み立てなければ間に合いません。

老後資金・退職金

退職金は、普通にもらえる人はラッキーです。

私は看護師を20年近くしてきましたが、400万でした。

私より数年、前に退職した人のほうが退職金が多かったのには驚きました。

「だんだん退職金も少なくなっていくんだ」と時代の流れを実感しました。

どんな職に就いている人も、退職金には期待しないほうがよいでしょう。

公務員は別かもしれませんね。

2  退職後の生活設計は?【男性・女性の過ごし方は?】

働いているときには「退職後はあれもしよう、これもしよう」と思っていました。

しかし退職すると、なかなか思っていたことを実行できません。

当然ですが、年々自分を取り巻く環境が変化していきます。

「あれもしよう、これもしよう」と言っていたころと環境が変わっていて、実行しにくい状況になっています。

退職後の生活設計は?

退職後の生活設計は、綿密に計画を立てて実行する人もいるでしょう。

しかし私は大雑把でした。

毎月の生活費のなかで生活できるような、生活スタイルを維持しました。

だから、それほど贅沢はできません。

しかし、交際費などもありますから、家に閉じこもるばかりの生活でもありません。

畑を耕して、自分にできる作物は作りました。

時間があり、年金のおかげで働かなくても食べていくことができます。

若いころのように会社に縛られることもありません。

生活設計というか、自由でいられることがありがたかったです。

本当に、おおざっぱな生活です。

スポンサーリンク

退職後の生活の仕方は?

退職後は自分の時間を大切にしたいものですね。

それまでは会社のために、自分の時間を費やしてきたのです。

すでに人生半分以上が過ぎてしまっています。

退職後の生活は、会社のためでもなく、家族のためでもなく、一番に自分のためにつかってよいでしょう。

人生が終わるときに「あれもしていない、これもまだしていない」と言うのは、悔しすぎます。

退職後は人生を後悔しないように、思っていることの半分くらいは実行したいものです。

退職後の暇の対処は?

 

毎日のスケジュールを立ててもよいですね。

時間が、何もしないうちに過ぎていくようなら、学校の時間割のように、することを決めるのがよいかもしれません。

働いているときには、時間がなくてできなかったことをしましょう。

読書をしたくてもできなかったとか、映画を見たかったけれど見れなかったとか、旅行をしたかったけれどもまだしていないとか、人それぞれに、何かあるはずです。

今まで、したことのなかったことをしてみましょう。

スポンサーリンク

生活設計・男性の過ごし方は?

男性は力仕事が得意なので、畑仕事などが向いているかもしれません。

近くで畑を貸してくれるところもありますが、土日のみ畑仕事をさせてくれるところもあります。

最近は退職後の男性の料理教室も流行っているそうです。

男性は女性より出不精な人が多いですが、出ることを習慣にすることで、自分の世界が広がりそうです。

男性は退職後に、株式投資などの資産運用を始める人も少なくないそうです。

株式投資成功のために大切なものは何?

生活設計・女性の過ごし方は?

趣味を広げてみるのもよいですね。

おしゃれをするのも若返りそうです。

子供の時にやりたかったことを探してみましょう。

ピアノや油絵、編み物やダンス、初めてのところへ参加することで、精神的にも生き生きとして毎日を過ごせそうです。

町内会の行事などに参加すると、今まで付き合いのなかった人とも、新たな交友関係が持てるかもしれません。

夫の定年後、妻の働き方は?

定年を迎えて、再雇用された夫の妻の働き方は、労働時間を週30時間未満におさえるのが鉄則です。

手取り金額を減らされないために、30時間以上働かないほうが返って得するのです。

(※妻は110時間しか働かなくても、130時間働く人とくらべると、わずかですが手取りが多くなります。)

また、夫の定年後、夫が妻の扶養家族になるというお得な方法があります。

夫は国民健康保険料を支払うことなく、健康保険を利用することができます。

妻も健康保険料や厚生年金保険料が増えるわけでもありません。

その場合、夫の年収が180万円以下という条件がありますが、それをクリアできれば、妻の扶養家族になるというのは、利用して損はないでしょう。

 

3  まとめ

総務省の60歳以上の無職の世帯の「家計調査」では、1か月の支出額が24万円です。

その額を高額と考えるか少ないと考えるかは、人それぞれです。

しかし、生活スタイルによっては、24万円を高額といえることができます。

24万円で60歳から85歳までの生活費を計算すると7200万円になります。

いくら年金をもらっても、年金額が1か月14万円ですから、どう考えても足りません。

しかし、年齢がいくと若い時ほど活動的でなくなり、行動範囲も狭まります。

食べる量も若い時ほど多くないです。

生きていくための必要経費が、若い時よりもかからなくなります。

だから加齢とともに経費が減少するので、85歳までずっと同額で計算している総務省の計算は、いい加減すぎるとも言えます。

それなりの生活資金で、退職後の生活設計ができる可能性は高いです。

 

コメント

  1. […] 退職後の生活資金と生活設計 […]

タイトルとURLをコピーしました