「竹花貴騎がユーチューブの秘密を大暴露!」の動画の感想

スポンサーリンク

ユーチューブは集客のための最強のツール

今回の動画は、本当にすごく内容が充実しています。

これからユーチューブを始めようとする人には、特に有益な内容です。

もちろん今、ユーチューブをやっている人にとっても、間違いなく目からうろこものです。

ユーチューブをやる上で、たくさんの改善点にきづくことができます。

ユーチューブを他の企業に活かす

人を集めるために、100%必要なのがユーチューブです。

これは、竹花さんが実際に経験した確実な情報です。

ユーチューブで、店舗やサービスへの集客ができます。

ユーチューブのコンテンツ制作スキルは、他の媒体に活用できます。

ニッチな領域はだれでも可能

ニッチな領域とは、例えば以下です。

「古民家一人くらし」「美容室あるある」「フリーランスボッチ生活」などです。

小さくても発信をし続けていき、コミュニティを作っていきます。

 

コンテンツの作り方

自分のアイデアを発信していきます。

コンテンツを整えるには、共感と知識と憧れを基本にします。

例として、仮にあなたがカフェ店員だった場合を上げます。

共感:自由主義や、あるあるを伝えます。

知識:自宅コーヒーの入れ方、おすすめコーヒー豆やコーヒーの歴史などを伝えます。

憧れ:地元交流や朝活などを伝えます。

 

竹花さんの集客例

ユーチューブは広告費0円の集客ツールです。

3か月で、登録者数7万人に達しました。

ラウンジオーナーの参加者を募集すると、400名集まりました。

現在都会の一等地にラウンジができています。

各オーナーは、自分の店なのでお客さんを連れていきます。

不景気でも、収益を上げています。

ビジネスは、資産に対して固定資産税が付きます。

しかし、ユーチューブは無形資産なので税金はゼロ円です。

ユーチューブの特徴

①グーグルは、それぞれの動画に興味のある人を探しくれます。

どの店も商品のサービスが一緒な場合、差別化は商品ではなく、人ですることになります。

②ユーチューブは商品ではなく、人間性を発信できます。

③資本勝負ではなく、動画のコンテンツ勝負なので、大企業ではなく個人が伸びます。

では、より詳しく見ていきます。

ユーチューブで一番大事なこと

ユーチューブの動画に、どこに何回表示させるか決めているのは誰でしょうか?

では、ユーチューブがお金を払ってでも欲しいものは何でしょうか?

広告枠です。

広告主はグーグルに広告費を払います。

グーグルは、クリエィーターに場所代を払います。

ユーチューブは、企業になるべく多くの広告費を出してもらいたいのです。

そのため、視聴者になるべく長く留まってほしいのです。

面白い動画とは?

ユーチューブは、売上を上げるために、視聴者が長くとどまってくれる面白い動画が必要です。

では面白い動画とは具体的にどんな動画だと、ユーチューブは把握しているのでしょうか?

以下に上げます。

①面白い動画とは、長くみられる動画です。

②視聴者維持率の高い動画です。

表示回数ではなく、最後まで見てもらえるかどうかが重要です。

③話し方がうまい動画です。

面白い動画は、企画に関係なく話し方で決まります。

話し方がうまいと最後まで見てもらえるので、広告も多く表示されます。

 

視聴者維持率と15秒の法則

視聴者維持率で大事なのは、動画の最初の15秒間です。

面白くない動画はそこで帰ってしまうのです。

動画の最初に、しなければいけないことは以下です。

①必ず自己紹介やオープニングで、権威性をアピールする。

例:「元国税庁職員が教える節税対策」「現整体師が教える小顔の方法」などです。

②人間性を伝えるために、自己紹介などの動画を入れておく。

③ビジョンを伝える。

動画を見た後の、視聴者の姿を教えます。

「あなたはこうなります」と断言します。

最後に

竹花さんの動画を見終えて、とても価値のある情報だと思いました。

この情報は、これからユーチューブを始める人にとっても、すでに始めている人にとっても、確実に有益な情報になります。

特に15秒の法則は、ありがたい情報でした。

このブログを見てくださる人に、ぜひ結果を出してほしいです。

もちろん、私も参考にさせてもらいます。

竹花さんの動画はこちらです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました