「不動産投資は今がチャンスの理由」竹花貴騎さん動画の感想

スポンサーリンク

不動産投資は今がチャンス

今回の竹花さんの動画のテーマは

「預貯金課税で爆上げ!」不動産を普通に買うバカへ(デジタル化で投資爆上げ時代到来)です。

この動画を見ることで、本当にお金持ちになることができます。

すぐそこに、チャンスが来ていることが理解できます。

実行できる人はすぐに実行すべきです。

なぜ今不動産投資がチャンスなのか?

竹花さんは、今まで日本の土地には一切、見向きもしませんでした。

しかし今は土地の価格が下がっているので、買い占めています。

そ土地の価格が下がっている理由には、3つあります。

①税

②デジタル化

③不動産価格は下がらない

ひとつづつ見ていきましょう。

誰もが知っているように、今は少子高齢化社会です。

おばあさんは土地を買いません。

おじいさんは車を買いません。

大きな商品が売れないので、経済は回らないし、進まないのです。

企業の売り上げが下がると、給料も下がります。

そして、お金の価値が下がり、物の価格が上がり、デフレになります。

税収が必要なのに、法人税も消費税も少なくなり、税収は減少してしまいます。

だから、預金に税をつける預金課税が必要になってきます。

銀行に貯金をしているとその金額にまで税金が課せられるのです。

そのような将来になることが十分予測できます。

そうでなければ、日本はやっていけないのです。

デジタル化

預金課税が必要なことは理解できますが、なぜデジタル化にしなければいけないのでしょうか。

銀行口座のお金には税金はかけることはできます。

しかし、それではタンス預金に税をかけることはできません。

タンス預金に対しても税をかけるときには、デジタル化でなければならないのです。

通貨がデジタル化することを告げ、紙のお金は使えないと宣言すると、タンス預金をしている人は、いやいやでも銀行にチャージにいくからです。

使えなくなるよりは、申告したほうが良いと考えるからです。

普通に、預金をしていたら取られてしまうと考えます。

「それなら資産、不動産に変えておこう」と思います。

不動産を購入する人が増えますから、今後不動産の価格は上がります。

だからいかがチャンスなのです。

不動産の価格は下がらない

不動産の価格が将来、上がることは理解できました。

不動産投資をすることを前提に、不動産投資のコツを見てみましょう。

①人気エリアで購入する。

不動産を購入するときは建物で見るのでなく、人気エリアか否かを見て買うとよいです。

人気エリアの価格は下がらないからです。

②中途半端な物件は買わない。

中途半端な物件は、売れにくいからです。

公務員や警察官などの職種の人は、ローンが組めるので、中途半端な物件をだまされて交わされることが多いです。

③ペントハウスが有利。

ペントハウスはプレミアがつき、維持費が安いのでお買い得です。

固定資産税は土地面積で決まります。

1階も40階も、土地面積は同じなので税金は同じです。

しかし売るときには40階のほうが何倍も高く売れます。

動画を見終わって感想

今不動産を購入しておくと、本当にチャンスなことはわかりました。

しかし、一般人には適していない話にも思えます。

チャンスなのは理解できますが、実行はできません。

実行できる人にとっては、すごく参考になり有益な動画です。

竹花さんの動画はこちらです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました