「(今年から年収上がる)社会人に必要な3つの働き方戦略」竹花貴騎さんの動画の感想

スポンサーリンク

社会人に必要な3つの働き方戦略とは?

竹花さんがもっとよく受ける質問に答えているのが、今回の動画内容です。

この動画を見ることで、企業を始めるにあたって、絶対に必要な知識を得ることができます。

これを知らなければ、企業を始めても成功できません。

1〇〇だけでは一生下請け

2売り上げを上げたけいなら顧客を減らせ

3コミュニティなしで安定経営は不可能

企業を始める前に知っておくべき経営の基礎3つ

企業は、以下の3つのことを頭において始めなければなりません。

細かく見ていきましょう。

スキルだけでは一生下請け

スキルの前後のプロセスを、重視することが必要です。

プロセス前後のスキルは、本来のスキルに価値を持たせます。

企業をはじめたばかりの経営者は、最初の3か月間は、店のことをいろいろ一生懸命やります。

しかし、3か月過ぎると当たり前に慣れて、何もやらなくなります。

そのことを知ったうえで、

例えば、動画編集のスキルがあり仕事を依頼されたとします。

その場合、動画編集だけするのでは一生下請けで終わるのです。

動画の編集だけでなく「インスタはこうした方がよく、ユーチューブはこうしたほうが良い」などと情熱的に話ます。

プランニングから持ち込んで、広く全部任せてもらうのです。

自分のスキルに、より価値を持たせることができます。

そのためには、経営についても知っておく必要があります。

売上を上げたいなら顧客を減らせ

店を始めたら、メニューを決めてから価格を決めるのは間違いです。

店を始めたら価格を決めてからメニューを決めるのです。

必要経費を考えて、マイナスにならないように価格を決めることが必要です。

その上で、自分はいくら稼げたら満足できるかということ考え、自分が満足できる収入を得るための価格を設定します。

逆算して価格を決めてから、メニューを決めるのです。

高価な価格を決めると、その高価な価格に見合ったサービスや丁寧な行動などが出てきます。

価格に見合ったアイデアや施策が出てきます。

例えば、一般的には500円で売られているハンバーグを5000円で売るとします。

その場合は、箱に入れたりリボンをつけたり、ドライアイスを用意したり、といった具合に価格に見合った行動がでてくるのです。

いい施策は出続けます。

売れたら単価を上げて、客を絞るということを繰り返していくと、経営はどんどん良くなります。

コミュニティなしでは安定は不可能

お客さんを増やしたいと思っていても、若い客は、次々に店を移っていきます。

お客さんが定着しないのは、その店にコミュニティがないからです。

イベントを開催して、客同士をつないでいくことが大事です。

ゴルフのイベントや料理会など、横のつながりを作るためにイベントを開くのです。

そうすると店の価値が違ってくるので、店から離れなくなりお客さんは定着します。

今年から収入を上げる戦略を理解

収入を上げる方法を、いろいろ理解できました。

聞いてしまうと、簡単に理解できます。

しかし誰も教えてくれなければ、一生理解できないことばかりです。

とても、言葉では言えないくらいの有益な情報です。

これらの情報を活かして、人生を有意義にするために、何とか自分の生活を改善しなければなりません。

そのために、今できることは何か考えなければ。考えましょう。

竹花さんの動画はこちらです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました