「(これからの日本の未来は暗い)HSBC銀行前社長が語るコロナ禍の世界経済」竹花貴騎さんの動画の感想

スポンサーリンク

これからの日本はどうなる?

この動画を見ることで、今後私たちがすべきことが明確に理解できます。

少しでも早く、すべてをお金で買う時代が来る前に準備しなけてはなりません。

日本の政治に不平を言いながらでも、感謝をすべき点が見えてきます。

特に医療に関しては、今は、日本に生まれたことを感謝したいです。

世界を動かしているのは誰?

結論は、アメリカと中国さえ見ていればよいです。

覇権の維持は、お金と武力とエネルギーで決まります。

①経済力を見るときGNP(国民総生産)を見ます。

 アメリカのGNP:24%

 中国のGNP:15%

 日本のGNP:6%

 アメリカと中国で全世界の40%を占めています。

 残りの100何か国は見なくてもいいです。

②軍事費を見るとき

 アメリカは6800億ドル

 中国は2280億ドル

 日本は452億ドル

 アメリカと中国で全世界の50%を占めています。

③エネルギーを見るとき

 現在アメリカが一番ですが、中国はシェールガスを一番持っています。

 中国は採掘法を知らないので、それさえわかれば、

 この先変わってくる可能性があります。

すべての保障がお金で決まる時代

アメリカや欧米などの先進国を見ることで、日本の未来は見えてきます。

またタイなどは、日本を見ているとタイの未来が見えます。

一歩先の国を見ることで予測できます。

先進国の生活とは?

先進国では、教育や医療、福祉など全てをお金で買っています。

イギリスの例では、以下のようなことが起きます。

病院へ行くと「プライベートにしますか?健康保険にしますか?」と聞かれます。

ちょっとお金がないので「健保にします。」というと

「来年の6月に来てください。」となります。

「プライベートにします。」と答えると

「今日の1時間後です。」となります。

診察の椅子に腰を掛けると、5万円でそこから診察が始まります。

日本も将来はそうなるそうです。

私たちが普通に利用していた健康保険は、世界でもトップクラスで最高のレベルだったのです。

どうやって資産形成するの?

私たちの未来は、お金ですべて買うことになりそうです。

少しでも早く、資産形成に取り組まなければなりません。

そのために、先ずしなければならないことは次のことです。

①自分の生活を見える化する。

自分の一生で、どれくらいのお金が必要か、ざっと計算してみます。

意外と多いことに驚くかもしれません。

一生で億かかる時代と言われています。

②果たして自分はどれくらいお金を使うのか。

実際に毎月いくらお金を使っているでしょうか。

自分が使うお金について把握しましょう。

③資産はどれくらいあるか。

家は毎月ローンを払うので借金です。

自分がお金を出さないで、収入が入ってくるものが資産です。

資産がどれくらいあるか確認しましょう。

お金持ちになるな、資産持ちになれ

資産持ちは、キャッシュを持ち歩きません。

資産に使うので預金残高は落ちます。

お金がないから、無駄遣いをすることがなくなります。

小金持ちは3000万くらいのお金を持っていて、一番お金を使います。

億を持っている人は、お金を使いません。

自分のリミッターを壊せ

若い時には、リミッターを破壊できるので、どんどん破壊したほうが良いのだそうです。

若いうちはどんどん苦労したほうが良いのです。

死ね気でやっても死にません。

若いうちに無理しておくと、歳を取ってからも何の違和感もなく頑張れるということです。

億万長者が集まると「2~3日寝ないで仕事をした、数日間寝なくても何ともなかった」と話す人が多いそうです。

「若いうちにリミッターを破壊しておけばよかった」と後悔しても遅いです。

これからの私たち

私たちは日本の政治に不平を言いながら、日本の厚い保護に守られて生活していました。

健康保険、退職金、終身雇用、教育などです。

福祉国家であり、資産形成をする必要もなかったのです。

それらが将来、他の国と同じようにすべてお金で買わなければならなくなるかもしれないのです。

今では、銀行員も副業を勧められます。

私たちは、今すぐにでも、資産形成について考えて行動を起こす必要があります。

このことを教えてくれた今回の動画に感謝です。

 

竹花さんの動画はこちらです

コメント

タイトルとURLをコピーしました