ほうれい線はいつから出た?【まいうー体操でほうれい線を消せるか?】

スポンサーリンク

「ほうれい線はいつくらいから出始めるのでしょうか?」

「ほうれい線のことを気にしているのは、私だけかしら?まだ年齢的に早い気がするけど?」そんなことを気にして考えていませんか?

何歳くらいからほうれい線が出始めるかについて調べてみました。

この記事を読むことで、ほうれい線についてのあらゆる疑問について知ることができます。

1 ほうれい線はいつから出た?【まいうー体操でほうれい線を消せるか?】

顔の真ん中で、いつもあぐらをかいて威張っているほうれい線です。

年齢とともにだんだん線が濃くなっていく気さえします。

このほうれい線は消えるのでしょうか?

ほうれい線とは?

鼻の両端から唇の両端に伸びる2本の線です。

しわではなくほほの境界線です。

ほうれい線はいつからでる?

ほうれい線は、早い人では10代後半からできます。

遅い人では40代前半くらいにできますが、個人差がありますから、いつからとは一概に言えません。

ほうれい線の原因となる、紫外線を避けたり、乾燥肌を避けることでほうれい線の発生を遅らせることはできます。

ほうれい線は消えるのか?

紫外線を避けたり、乾燥肌を避けることで、また顔の筋肉の表情筋の衰えを防止することで、ほうれい線を改善することはできます。

最近では美容液やクリームなどでも、ほうれい線を改善させる効果を出しているようです。

2  ほうれい線の原因は?

ほうれい線は筋肉の老化が原因で現れる症状です。

筋肉の老化を防ぐことで、ほうれい線を改善したり、発生を遅らせることができます。

ほうれい線の原因を取り除かなければ、とうぜん筋肉の老化は防ぐことができませんから、ほうれい線も、スピードを落とさずに出てきます。

ほうれい線の原因

ほうれい線の原因は肌の老化です。

肌の老化の原因は、紫外線によるダメージや、乾燥肌、コラーゲンなどの減少、口の周りの筋肉の老化などです。

コラーゲン量は加齢とともに減少しますから、加齢とともにほうれい線もできやすくなります。

口の周りの筋肉を動かさなければ、ほうれい線も深くなります。

しかし筋肉を動かすことで、筋肉の老化の予防ができます。

 

3  ほうれい線を消す方法とは?

ほうれい線を消す方法については以下のことが挙げられます。

本当に、ほうれい線を消すことができるかどうかについてみていきましょう。

ほうれい線を消すマッサージ方法とは?

リンパの流れが停滞し顔がむくむこともほうれい線の原因です。

マッサージにより血液循環を良くし、リンパの流れをよくすることがほうれい線を消すことにつながります。

①口角の下くらいから小鼻の横に向けて、指に力を入れて筋肉を少しづつつまみます。

ほうれい線をもみほぐす感じです。

(頬がたるんでほうれい線になるのを予防するマッサージ)

②あご先から耳下に向け、フェースラインに沿って、少しづつ筋肉をつまみます。

(あごのラインをシャープにするマッサージ)

③手にひら全体を使って、フェースラインを引き上げたらそのまま5秒維持します。

(ほほを引き上げリフトアップする)

ほうれい線とストレッチ

歯ブラシを横にして口にくわえます。

上下の歯でくわえます。口角をぎゅっと上げてくわえるのがポイントです。

口角が上がるため、ほうれい線予防になります。

ほうれい線とヒアルロン酸

ヒアロデイープパッチは、しわやたるみの気になるところに貼ると、ヒアルロン酸のマイクロ針が皮膚の深部に届き、しわやたるみを消すというものです。

効果があり安全性も高いので人気です。

ほうれい線とクリーム

しわやほうれい線が消えることが、科学的に証明されたクリームです。

「しろ彩」というセラミドリッチクリームです。

臨床試験協会からその効果が証明され、特許も取得した人気のクリームです。

「しろ彩セラミドリッチクリーム」体験の効果と感想は?

ほうれい線と美顔器

美顔器を使用するのなら、美顔器の働きのある美容液を使用するほうが効果的ですし、経済的でもあります。

ほうれい線とテープ

ほうれい線やしわなどをテープで固定し、表情筋を矯正するものです。

粘着テープを肌に貼るのですから、肌への刺激が気になります。

敏感肌の人向きではないです。

正しい位置での矯正ができなければ、かえってしわやたるみの原因になりますから、おすすめはできません。

ほうれい線と施術

ほうれい線を消すために病院での施術という方法もあります。

おすすめの施術はリフトアップ注射です。

ヒアルロン酸やアクアミドを注入し、肌のハリやつやを実感するものです。

ほうれい線やしわ、たるみに効果があります。

その場合、まずは美容外科のカウンセリングを受けることから始めます。

 

4  ほうれい線を消す方法は?【まいうー体操で改善!】

 まいうー体操って何?

ただ言葉を発するだけの難しくない表情筋の体操です

これならいつでもどこでもできるから私にもできます

ほうれい線を消すことと、口角を上げることに焦点を絞ってみようと思います

すでに私は顎をシャープにし、目じりのしわを3分の1以下に減らすことに成功しています※後でその理由を書きますね

まいうー体操は手軽だから続けられそうです

 ほうれい線だけではない「まいうー体操」の効果は?

①くすみが消える

②二重あごが解消される

③口角が上がる

④小顔になる

⑤唾液の分泌を促すなどがあります

簡単なので誰でもどこでもできそうです。でも継続することが難しいかもしれません

絶対きれいになるという思いが良い結果を生んでくれます

くすみが消える

くすみの原因は乾燥と、古い角質がたまることにより起こります

まいうー体操で表情筋が刺激されると血行が良くなり新陳代謝が進みます

リンパの流れもよくなり顔全体が明るくなるので目の下のくすみやクマも改善されます

二重あごが解消される

二重あごの原因は、あごの下の脂肪を支える力が弱まることと、舌を支える力が弱まり舌が下がっていることにあります

あごの下の脂肪や舌を支える筋肉が顎舌骨筋です。

無表情になったり大きく口を開ける機会が減ると二重あごになりやすいです

まいうー体操で顎舌骨筋を鍛えることで二重あごが改善されます

口角が上がる

口角が下がってしまうと第一印象が悪くなりますね

口角を挙げて笑顔を作る筋肉が大胸骨筋です。年齢とともに筋肉が下がると口角も下がります

口角のすぐ真横にある口輪筋を鍛えると口角を上げることができます

まいうー体操で口角を上げる筋肉を強くすることができます

小顔になる

肥満のために脂肪が顔について大きな顔になっているのでなければ、ほとんどの大きな顔はむくみのよるものです

むくみは血流やリンパの流れが悪いことで起こります

筋肉を収縮させたり弛緩させることでポンプ作用が働き流れがよくなることでむくみは改善できます

まいうー体操で表情筋が活性化すれば、血の巡りがよくなります

顔のむくみが改善されて小顔効果が期待できます

唾液の分泌を促す

年齢とともに唾液の分泌量も減ります。そしてドライマウスの原因にもなります

まいうー体操で表情筋を鍛えると、唾液腺が刺激され唾液の分泌量も増えます

 ほうれい線の原因と解決策

顔の脂肪を支える力が年齢とともに弱まってきて、重力により下がってくるのがほうれい線と呼ばれるシワです

ほうれい線を消すための解決策は二つあります

皮膚と脂肪を支えているのはコラーゲン筋肉です

コラーゲンは年齢とともに減少します。

年齢とともに衰えた筋肉は活性化することができます。

刺激してやれば何歳からでも活性化できます

表情筋を鍛えることによって、ほうれい線を消すことができます

その力をつける体操がまいうー体操です

 まいうー体操のやり方

:大きく口を開けて「まー」と言いながら10秒キープします。この動作を1日に15回です

できるだけ大きく口を開けます。あごの下の筋肉を意識します

:左右に口を大きく開いて「いー」と言いながら10秒キープします

この動作を1日に15回です。口角を挙げて笑顔を作るイメージで行います

:口をすぼめて「うー」と言いながら10秒キープします。この動作を1日に15回です

口をすぼめて口を前に突き出すイメージで行います

あごをスッキリさせ、目じりのしわを3分の1以下に減らすことができた理由

自分の自慢話をするようでなんですが、本当にあれから2~3週間しかたっていません

「結果が出るの早すぎでしょ」と思います

それほど私の肌がひどすぎたのかもしれません

敏感肌の私は、洗顔も化粧をすることもあままならないのでほとんど放置状態だったのです

目じりはしわだらけで、頬は重力に負けて下がって段になっていたくらいです

今では目じりのシワがほとんどなくなってる、というか少しになっているのです

もちろん笑ってもです

だからすましていると無いのです、しわが不思議な気がします。

目じりのシワは年相応だから治らないと思っていたのですから

それに顎もスッキリしたと友人に言われたのです。

確かに自分で言うのもなんですがシャープになっています

こんなに変わるなんて変だです。

 まいうー体操の基本とコツ

まいうー体操は口を大きく開けて、ま、い、う、と言うだけです。1日にそれぞれ150秒行うだけです

1回で済ませても、3回に分けてもままいません

基本的にいつ行っても構いませんが血行が良くなっている入浴時がおすすめです

声を出すことで腹式呼吸になり自律神経のバランスも良くなりリラックス効果もあります

 

5   まとめ

ほうれい線の原因や対処法はたくさんあります。

自分に適している、ほうれい線の対処法や改善方法を実施するとよいです。

ストレッチや表情筋の運動、まいうー体操などもありました。

毎日継続することで、ほうれい線を消したり改善したりすることはできます。

忙しくて時間のない人には、ほうれい線を消すクリームや、ほうれい線を消すパッチなどを使用してもよいでしょう。

「しろ彩セラミドリッチクリーム」体験の効果と感想は?

 

参考資料:ほうれい線は消せる

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました